wakepedia 存在するべきものに対する疑問

wakepedia

何の役にも立たない辞書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

留年のかっこいい言い方

強くてニューゲーム
スポンサーサイト
  1. 2007/02/08(木) 04:50:43|
  2. 存在するべきものに対する疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

とりあえず、↓は踏んでも安全です

http://www.dff.jp/
クリックで救える命がある

ところで、
滋賀県カントリーサインの時、
変なおにいさんに声かけられた。
その人は
「~~~教(忘れた。)の信者」と名のった。
靴下とかタオルとか買ってくれって。
売り上げは募金に使われるそうな。

断った。
断固として拒否した。

スピノザ―「無神論者」は宗教を肯定できるか スピノザ―「無神論者」は宗教を肯定できるか
上野 修 (2006/07)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る
  1. 2006/09/07(木) 17:25:24|
  2. 存在するべきものに対する疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログで気をつけるべきこと

今日は、インターネット上のエチケット、ネチケットについて考えてみよう。

fc2ブログの利用規約に以下の様な文面がある。
(以下引用)
■禁止行為について
ユーザーは本サービスの利用について以下の行為を禁止します。禁止行為を行った場合は予告なく利用を停止しするとともに、禁止行為に基づきFC2または第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとします


1、法令に抵触する内容、及び画像、記事、音楽、ソフトウェアなどの著作権侵害する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為。
2、他人の産業財産権(特許権、商標権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為
3、他人の信用若しくは名誉を侵害し、又は他人のプライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為
4、公序良俗に反する行為及び表現
5、本サービスの運営・提供又は他の利用者による本サービスの利用を妨害し、又はそれらに支障をきたす行為とその幇助。
6、さまざまなトラブルに発展しうる個人、特定団体、製品、その他を差別し、誹謗中傷を行うなど、名誉や信用を毀損する行為。
7、本人以外の個人や会社、組織を名乗ったり、事実がないにも関わらず他の人物や会社、組織と業務提携や協力関係があると偽ったり、それ相応の行為
8、FC2や他人のコンピュータのソフトウェア・ハードウェア等の機能を妨害、破損、制限する行為やその行為に関する幇助。
9、禁止行為に該当する恐れがある行為
10、その他、当サイトが、合理的な理由に基づき不適切と判断する行為

(引用ここまで)
赤字は、こちらで変えたものです。

blogブームと呼ばれる現在、中でも日記系に分類されるものが大部分を占めている。
文章だけではなく、写真を載せて視覚的に楽しませてくれるものも多い。
だがちょっとまって欲しい。(どこかの新聞調)
あなたのblog、顔、丸見えですよ?

まあ、自分の顔をみんなに見られてもいいというか見せたい人はいい。
が、友人、知人まで目線も入れずに載っける人がいる。
おそらく、了承などはとっていないのであろう。

いいですか?自分以外の個人情報(顔を含む)を未承諾でのっけることは
fc2の利用規約では禁止事項ですよ??その人から損害賠償請求されることもあるんですよ???

fc2以外の他の運営さんでも、似た様な利用規約がのってるでしょう。
だから、やっちゃいけない。

けれども、
その前に
人として、
そんなことしちゃいけないのはあたりまえ。
エチケット。



まじめに書いてみた。
で、話は変わって
昨日の記事の続き。
架空請求詐欺業者の運営するサイト20こくらい、
登録されてみた。
どうなるのか今からwktk

その時の登録画像を、次回うpしようと思う。
  1. 2006/09/01(金) 03:49:40|
  2. 存在するべきものに対する疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウ”ェル

おまえじゃ話にならん。

架空請求業者を出せ。



「御社は正式なDQNでいらっしゃいますか?」

って聞きたい。


  1. 2006/08/31(木) 00:20:59|
  2. 存在するべきものに対する疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


どうでしょう好きなら、ぜひ
  1. 2006/08/21(月) 02:56:30|
  2. 存在するべきものに対する疑問
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ